外壁塗装の費用相場

 

外壁塗装の費用の相場って気になりますよね。
「どれくらいの金額なら妥当なのか?」「この見積金額は高くないのか?」分からない方がほとんどではないでしょうか?

 

こちらは、平均的な建坪30坪の戸建て住宅の場合の相場になります。

 

塗料の種類 費 用
アクリル塗料 60〜80万円
ウレタン塗料 60〜90万円
シリコン塗料 80〜120万円
ラジカル塗料 80〜150万円
フッ素塗料 90〜180万円

 

ご覧のように、塗料の種類によって相場は変わります。
また、建物の形状や立地、下地の状態(ダメージ)などによって費用が追加されていきます。

 

実際に見積もりをしてみると、これらより高額な見積もりも多く、一番多く使用されるシリコン塗料で200万円近い見積額になった方も知っています。
逆に、この相場よりも安い見積もりが出る事も多く、相場はあくまで相場だという事も分かります。

 

驚きの安い料金の業者が存在する

先ほどの200万円近い見積もりは私の知人の話ですが、予想以上に高額だったため、その後数社の見積もりを取りました。
すると、一番安い業者は驚きの75万円という見積もりで、半額以上の格安料金で外壁塗装を行うことができたんです。

 

もしもその塗装業者の見積もりを知らずに、最初の業者に依頼していたら?
単純計算で125万円も損をしていたんです。

 

ただ数社から見積もりをしてもらうだけで、場合によっては100万円以上も節約できる。
これは見積もりしない手はありませんよね。

 

ただ、何社も見積もりを取るのは面倒ですので、一括見積もりサービスの利用が便利でおすすめです。
外壁塗装の一括見積もりは、簡単な内容の入力で済むので本当に楽です。

 

業者からの営業電話が一切ないサービスも多いですし、気軽に見積り依頼できます。
一括見積もりで大幅に安い料金になった方もたくさんいるので、ぜひ一度はチェックしてみてください。

 


外壁塗装の一括見積もりサービス

この3つは特に人気の高い外壁塗装の一括見積もりサービスです。
利用者のほとんどがこのどれかを利用されているようなので、他のサービスと迷った方にはおすすめです。

 

リショップナビの特徴
リショップナビは、料金をかなり安くできたという利用者の多いサイトです。
公式サイトにも掲載されていますが、かなりの金額を節約できるのでバカになりません。

見積もりに必要な入力も簡単で、スマホからでも楽に入力可能です。
とにかく安い業者を探しているという方や、他社の見積もりが高額で困っている方にはおすすめです。
価格
無料
評価
評価5
備考
とにかく安い業者ならここ

ヌリカエの特徴
ヌリカエは簡単にその場で相場のチェックができるので、人気の高い一括見積もりサイトです。
過去の実際の工事費用を参考にしているので、結構正確な相場チェックができます。

ヌリカエはコンシェルジュに相談ができるので、初めての方にはおすすめです。
希望する費用などから業者を何社か紹介してもらえるシステムなので、業者から営業電話がなく、安心して見積もり依頼できるのが嬉しいサイトでもあります。
価格
無料
評価
評価5
備考
その場で相場チェックができます

外壁塗装セレクトナビの特徴
外壁塗装セレクトナビには、成約お祝い金として最大10万円もらえるサービスがあります。
他には見たことのないサービスなので、かなりおすすめです。

もちろん料金も比較することでしっかり安くなります
塗装業者の登録の際には、かなり厳しい審査をしているため、安心して信頼できる業者をお探しの方にはおすすめです。
価格
無料
評価
評価5
備考
最大で10万円のお祝い金がもらえる!

塗料による費用の違い

 

外壁塗装で一番注意が必要な事が、塗料による費用の違いです。
一口に外壁の塗装と言っても、塗料によってその費用が全く違うためです。

 

特に数社から見積もりを取る場合、同じ種類の塗料で料金を比較する必要があります。
この点を知らずに、「他社より安いから」という理由だけで依頼してしまうと、実はランクが落ちる塗料だったなんて事になりかねません。

 

塗料の種類 1u当り単価
アクリル塗料 1000〜2000円
ウレタン塗料 1500〜2500円
シリコン塗料 2000〜3500円
ラジカル塗料 2500〜4000円
フッ素系塗料 3000〜5000円

 

こちらは塗料の種類ごとの1u当たりの単価です。
ご覧のように、種類の違いによって費用はかなり変わってきます。

 

例えば、一般的な戸建て住宅の30坪の外壁を塗装すると・・・

 

シリコン塗料の場合
約150u×3500円=525,000円

 

ウレタン塗料の場合
約150u×2500円=375,000円

 

シリコン塗料は戸建て住宅で一番使われている塗料ですが、その下のウレタン塗料の場合と比較すると、その差は15万円もの差になります。

 

「そんなに安いならウレタン塗料でいい」という方もいるかもしれませんが、ウレタン塗料は耐用年数が短く、シリコン塗料の半分程度の7〜8年で塗り替え時期が来てしまいます。

 

コスパという点や品質で考えると、戸建て住宅にウレタン塗料による塗装は正直おすすめできません。
にも拘わらず、安さをアピールできるため、ウレタン塗料で見積もりを出す塗装屋さんが結構存在するんです。

 

シリコン塗料にも注意

「それなら、シリコン塗料の見積もりなら安心ですね」と考えてしまいがちなんですが、ここにも注意が必要です。

 

シリコン塗料にもいろんな種類があり、様々なメーカーが様々な商品を出しています。
中には、安価だけど品質の低い、耐用年数が他のシリコン塗料に比べて半分程度(7〜8年)しかない塗料があるんです。

 

もし、同じシリコン塗料での見積もりで他社より安い場合は、下記の商品ではないか確認してみてください。

 

種類

単層弾性シリコン塗料

商品名

エスケー化研 セラミクリーン、トップレスソフト等
日本ペイント DANシリコンセラ等

 

 

他社に比べて大幅に見積額が安い場合、特に個人の塗装屋さんの場合は、しっかりと見積書に使用塗料を記載してもらい、その上で比較をしてください。
もし上記に当てはまる場合は、同じ種類の塗料で見積もりし直すようにされる事をおすすめします。


塗料の種類

 

外壁の塗装で使われる塗料ですが、主にこちらの5種類が使用されています。
それぞれの特徴を簡単にまとめてみたので、参考にされてください。

 

 

アクリル塗料

アクリル塗料は耐久性が低く、耐用年数が5年程度しかないため、現在外壁の塗装にはほぼ利用されていません。
ただ、木部など部分的に使用される事は多く、透湿性の高い塗料が必要な個所で使用されています。

 

ウレタン塗料

こちらもアクリル同様耐用年数が短いため、外壁の塗装に使用されることはまずありません。
ただ、アクリル同様部分的には使用されており、鉄部などに使用される塗料になります。
※間違いやすいのですが、ベランダなどに使用されるウレタン防水塗料は別のものになります

 

シリコン塗料

現在、外壁塗装に最も使用されている塗料で、耐用年数は15年ほどと長く、耐久性・品質共に非常に適しています。
費用的にもそこまで高額ではなく、商品や色など多くのバリエーションがあります。

 

ラジカル制御形塗料

近年注目されている塗料で、シリコン塗料よりも耐用年数が長く、太陽光や雨による劣化が少ないのが特徴です。
特に、チョーキングと呼ばれる粉吹き現象が起こりにくく、年数の経過による見た目の変化も少ないそうです。

 

フッ素塗料

フッ素塗料はシリコン塗料に比べて約倍と高価な塗料ですが、耐用年数が20年とかなり長く、短期での塗り替えが困難な高層ビルなどに主に使用されています。
汚れがつきにくく、劣化も少なく耐久性が高いため、一般家屋の屋根に使われるケースも多いようです。


こんな業者に注意

 

外壁塗装を行う塗装業者には、様々な会社があります。
大きな会社もあれば、一人で営業している個人事業主まで、実に様々です。

 

全国には数千もの塗装屋さんがおり、どこに依頼すればよいのか迷う方も多いと思います。
選択基準も「費用」「実績」「規模」など実に様々ですよね。

 

外壁の塗装なんて10〜20年に一度と、そうそう行うものではありません。
そのため、業者の良し悪しを判断するのは非常に難しいのが現実です。

 

そこで、業者の判断をするさい、これだけは避けたほうがよいという注意点を挙げてみたので、ぜひ参考にしてください。

 

 

個人の業者

塗装屋さんで以外に多いのが、個人で営業している塗装屋さんです。
いわゆる自営業で、以前会社勤めをしていて独立をされた方ですね。

 

もちろん全ての方が悪いわけではなく、技術力のある信頼できる業者さんもたくさんいます。
ただ、中には資金繰りが悪く工期が長くなったり、個人ゆえのいい加減な施工をされたりと、トラブルが多いのも事実です。

 

知り合いには、塗装後2カ月で塗装が剥がれている箇所が出てきた方もいます。
安いからと安易に依頼すると、まさに安物買いの銭失いになりかねません。

 

 

見積書がいい加減

普通見積書というと、使用材料に単価、人件費や足場代など、細かい項目ごとに費用が明記されています。
また、約束事などを特記事項として記載したり、書面上でしっかりと確認事項なども提示してもらう物になります。

 

しかし中には、かなり大雑把な見積書を提出する業者さんがいるんです。
「一式」がよくある例で、まとめていくらという風にしか書いていません。

 

どんな材料をどの程度使用したのかが分からず、何か問題が起こった際に非常に不安です。
決まったことも口約束のみで書面としてもらえず、後でトラブルになるのが目に見えています。

 

そういう業者は施工もいい加減な場合が多く、避けられることをおすすめします。

 

 

塗装屋さんじゃない業者

塗装をするんだから塗装屋さんですよね?と不思議に思う方もいるかもしれません。
でも実際にいるんです。

 

一番多いのがリフォーム屋さん、そして便利屋さんです。
全くの未経験の業者が、見よう見まね、あるいはプロの助言を得て施工される事もあり、注意が必要です。

 

そういう業者は費用が安く魅力的なんですが、技術がないため塗料の劣化や剥がれなどトラブルになることが多く、絶対におすすめできません。
塗装工事は、請負金額によっては資格や登録が必要ですので、その点もしっかり確認されてください。

 

 

判断できないという方は

もしどうしても判断できないという方は、一括見積もりに登録している業者が安心でおすすめです。
過去の実績や資格の有無など、厳しい審査をクリアした業者のみが登録しているので、業者選びで失敗することは少ないです。

 

料金も数社を比較でき、より安い業者を選択することも可能です。
安心できて安い業者をという方は、ぜひチェックしてみてください。

 

外壁塗装の一括見積もりサービス